2011年02月17日

・・・・足取られ

◆ シバラクは 大統領で 居たかった

◆ カイロの火 上手く消せずに 大火傷


◆ カイケツだ 過去は無いよと 言い放ち

◆ 無かったと 言って置かねば 身が保たぬ

◆ 大男 携帯メールに 足取られ


◆ 切り上げを すれば元なぞ 知れたもの

◆ 責められぬ 日本も通った 道だから


******

時事ネタは、あんまり得意じゃないのですが・・・チョットだけ。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ ◆ ポチしてと 言わないけれど わかってネ


posted by 泥舟♪ at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 世情を詠める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ムバラク」はもう「暫く」政権の座に付いていたかったでしょうね。人間の欲はとどまることを知らない。もうチョットが命取りになるのは歴史の教訓。

「番犬の末路日本の教訓」
Posted by 権兵衛 at 2011年02月18日 10:19
元「魁傑」現・放駒理事長は八百長問題の解決に苦しんでいますね。過去にはあったとは口が裂けてても言えないでしょう。
認めたら逆訴訟「差し違えでは済まさぬと週刊誌」が待っています。
認めたに等しい「下手な言い訳♪妻踏んじゃった」。
Posted by 潜水艇 at 2011年02月18日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。